スラックライン

スラックラインとは?

約2.5cm~5cmの細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむスポーツ。

バランス感覚、集中力を鍛えます。

アクロバットな技を行うトリックライン、長距離を渡るロングライン、渓谷など高所で行うハイライン、海や川など水上で行うウォーターライン、フィットネススラックラインなど、楽しみ方は無限大。

起源は諸説ありますが、1960年代、ヨセミテのクライマー達がザイルを張って楽しんでいました。2007年にドイツのGIBBON SLACKLINE社の創設者によって、誰でも簡単に設置できるラチェットバックルシステムと5cm幅のフラットラインが開発され、ヨーロッパを中心に爆発的に広まり、現在では世界中で楽しまれています。

2009年に日本に上陸し、全国各地で様々なイベントや大会が開催されています。

世界シーンにおいても日本人選手達の活躍は目覚ましく、これまでに2名のワールドカップチャンピオンが誕生しています。

スラックラインを楽しむには?

動きやすい服装、底がフラットなスニーカー、裸足。

転倒や怪我など非常に危険ですので、サンダル、ヒール、ブーツなど厚底靴、靴下やタイツなどでは行わないでください。

個人でスラックラインを楽しまれる方は、設置方法や注意事項など、日本スラックライン連盟ホームページよりご覧ください。

詳しくは、一般社団法人 日本スラックライン連盟

イベント一覧

イベントはありません