フレスコボール

フレスコボールとは?

紹介画像01
紹介画像02

フレスコボールは、ブラジルはリオデジャネイロ発祥の新感覚のビーチスポーツです。1945年にリオ・デ・ジャネイロのコパカバーナビーチで考案されて以来、各地のビーチで親しまれるようになっています。 フレスコボールは、競争ではなく協同で行う「思いやりのスポーツ」と呼ばれています。味方同士でラリーを続けるために、いかに思いやりを持って相手の打ちやすい所へとボールを打ち返すか。相手と積極的にコミュニケーションを取って、思いやりを突き詰めて行く世界でも稀有なスポーツなのです。

フレスコボールの用具

フレスコボールは、2枚のラケットと1つのボール、そして一緒にプレイするパートナーさえいれば、どこでも気軽に始めることができます。

ラケットのスイートスポットにボールを当てることができた時の感触は言葉にできない気持ちよさです。

協力しあってラリーを続ける楽しさをぜひ味わってみてください。

紹介画像01

フレスコボールの基本ルール

紹介画像01

フレスコボールはペア競技です。ただし目の前の相手は競う敵ではなく、パートナー、味方です。

ペアでラリー回数やテクニックを披露し、採点が行われます。

競技の場合は、その採点に応じた得点数でペアの順位を決めます。

競技でなければ、いかに楽しくテクニックで魅せてラリーを続けることができるか、というスポーツです。

制限時間:
5分間。間に任意で1分間の休憩時間を取ることができます。
ペア同士の距離:
7m〜。選手と選手の距離は最低7mです。大会やシーンによって変わります。
攻守:
ペアはオフェンスとディフェンスに役割が分かれます。オフェンスはより強く速いアタックを打ち、ディフェンスはそれを優しく打ち返してラリーを続けます。

ただし、攻守にかかわらず相手が打ち返しやすいように打つ、という思いやりは変わらないのです。

審判による加点:大会ごとに、ラリー回数やテクニックなどの評価基準が設定され、審判の加点があります。

How To動画

イベント一覧