ジャンクル人 vol.3

フレスコボール

JunkleGymビーチテニスアンバサダーの中嶋です!

『ジャンクル人』3回目!!

今回は横田友明さんにお話を伺いました!

紹介画像01

中嶋「横田さん、宜しくお願いします!さっそくですが、横田さんがJunkleGymに興味を持ったきっかけは何ですか?」

横田さん「宜しくお願いします。私はビーチテニス経験者の友人の紹介でJunkleGymを知りました。サイトで見たスポーツは知らないものばかりで訳分からなかったですが(笑)。リンク先にとんでスポーツの詳細を見たらとても面白そうだったんです。今まで触れることのか無かった、新しい興味をそそられる情報がたくさん載ってました。私は特にフレスコボールに興味を持ちました。」

中嶋「へぇー!フレスコボールに興味を持たれたんですね!それはどんなところですか?」

横田さん「何と言っても、ラケットとボール以外、準備が必要ないところですね。スポーツやアクティビティって道具や場所で制限される部分ってあると思うんですが、フレスコボールにはそれが無い。仕事、プライベート、onとoff関係なく、いつでもどこでも出来るスポーツですよね。仕事の休憩時間にやってみたいとも思ってます。」

中嶋「おー!仕事の休憩時間!ホント、フレスコボールって5-10分くらい時間があればパッと出来ちゃうスポーツですよね!実際やってみてどうでした?」

紹介画像02

横田さん「思ってたより難しくなかったですね。とても心に刺さったのが、相手を思いやるスポーツだということ。ラリーの回数がポイントになるので、いかにペアが打ち返しやすいボールを打てるか?自分のスキルと相手のスキルを照らし合わせ、相手の返しやすい場所を理解し、色々なことを考慮しながら行うスポーツ。このスキルって仕事や私生活でも同じだと思うんです。相手を敬うことですね。」

中嶋「なるほどー!確かに人生論に繋がってきますね!ホント、スポーツって大事なことをたくさん学べる場だと思いますね。」

横田さん「あと、私は中学生からサーフィンをやっていたんです。サーフィンって板と海があれば手軽に出来るところが好きだったんですが。けど、年を重ねると共に腰が重くなってきまして。フレスコボールは基本、動かなくても出来るので、気軽に年配の方でも出来るスポーツ。生涯スポーツとして成り立ってますよね。そして、打ち合う距離感も丁度良くて、しゃべりながら楽しめるんですよね。家族や友達とのコミュニケーションツールとしても面白そうなので、家族にも勧めたいと思ってます。」

紹介画像03

中嶋「まさしく、生涯スポーツに最適ですね!さらに家族でスポーツ出来るのもサイコーですね!そのような意見を頂けると、フレスコボールの可能性をとても感じます!最後に何かありますか?」

横田さん「こんなに面白いもの(JunkleGym)があるなんて知らなかったです。私みたいに何かスポーツしたいけど、きっかけが無い人ってたくさんいると思うので。そのような人達の為にも、このような楽しいスポーツが出来る場をもっともっと広げていって欲しいと思ってます。」

中嶋「はい!そこは我々JunkleGymスタッフ一同、使命感を持って頑張ります!横田さん、ありがとうございました!」

 

インタビュアー:スポーツメンタルトレーナー中嶋さん

第一回 ビーチテニス >
第二回 スラックライン&ビーチテニス >
第四回 スラックライン >

体験レポート一覧